ねたちょ。
関東に進出した南国の珍獣いさはやが思い出したときに更新する日々のツレヅレ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□ Comment

□ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://isahaya.blog4.fc2.com/tb.php/105-3c6f4a9f
□ この記事へのトラックバック
fc2のトラックバックテーマがなかなかおもしろそうなものだったので参加してみようと思う。
いろんな人の子供の頃に信じていたこと、なかなか夢があるなぁ。
いさはやはあんまり夢がないです。ごめんなさい。

「脳みそは頭の中で回転していて頭のいい人ほどその回転速度が速い」

・・・小学6年ぐらいまでなんとなーーーくそんなイメージがあった。いさはやさんはコレでも一応医者の娘なわけで。なんでそんなずーっと思ってたんだろうとある日突然、思ったわけである。

このイメージのおおもとにあるのはどうやらNHKだかなんだかでみた3Dの脳みその映像だったかと思う。それが360°回せるというのを誇るかのようにゆっくり回転していた。いさはやが脳みその形をイメージするときにまず必ずそんなイメージが浮かぶ。かなり昔にそんなのを見ていた記憶があるのでおそらくそれが自分のイメージのもとになっているものと思う。
NHKも罪作りなもんだよね

「TVはスイッチを切ったらつけたときにまた続きが見られる」

実はこれに関しては記憶がない。というか物心つく前の話であるらしい。
親がことあるごとにネタにする。
お風呂行く前に必ず「続きはあとで」といいながらテレビを消していく子供だったそうな。
連続した記憶ではなくともいさはやはまだ自分で動けないぐらい小さな頃からの記憶がけっこうあるんだが。コレに関してはことあるごとにネタにされていても全く記憶にないのはなぜなんだろう。
「ヨンサイ料理」(←山菜料理を食べようか、という両親に対し、4歳になって間もない私は「ヨンサイ料理がいい!!」と言った)
このネタに関してはやっぱりことあるごとにネタにされたおかげでそのとき視界に入っていた景色ごと鮮明に刻み込まれていて忘れられない記憶であったりするのだけど。物心ついてるかついてないかの違いか。やっぱり。
□ Comment

□ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

□ Trackback
この記事のトラックバックURL
http://isahaya.blog4.fc2.com/tb.php/105-3c6f4a9f
□ この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。